TOPICS

 「KANO」という映画をご存じでしょうか? 日本が台湾を統治していた戦前の1931年、はるばる海を越えて全国高校野球選手権(甲子園)に出場し、準優勝を果たした嘉義農林学校(通称:嘉農=かのう)野球部の実話を描いた台湾映画です。「セデック・バレ」などの作品で大ヒットを生み出してきたウェイ・ダーション監督が製作し、野球がわかるということで抜擢された俳優マー・ジーシアンが初監督を務め、日台両国で大ヒットしました。
 弱小野球部「嘉農」の監督となった近藤兵太郎は、日本人、台湾人、原住民族の生徒たちを、それぞれの能力に応じてポジションを与え、強い混成チームとしました。近藤の指導のもと厳しい練習に励んで、ついに台湾代表チームとなった「KANO」は、甲子園でも決してあきらめないプレイスタイルで日本中の注目を集めました。
 近藤兵太郎とはどのような人物だったのか、出身地の松山市民ですら知らなかったこの人の生涯について書いたのが、『台湾を愛した日本人Ⅱ 「KANO」野球部名監督─近藤兵太郎の生涯』です。出版に際し、主役をつとめた永瀬正敏さんも、素敵な応援メッセージを寄せてくれました。

台湾を愛した日本人Ⅱ
「KANO」野球部名監督──近藤兵太郎の生涯
古川勝三

四六判・240P
¥1,750+税


アトラス出版 〒790-0023 愛媛県松山市末広町18-8
TEL 089-932-8131 FAX 089-932-8131