TOPICS
ゴールデンウィークは大洲城へ

 まもなくゴールデンウィーク。今度の10連休は一体どうなるんでしょう。
ちょっと道路の状況が読めなくて、クルマでのお出かけは様子見という人が多いかもしれませんね。
 さて、お出かけ先に、今ブームになっている「城巡り」なんていうのはどうでしょう?
 先般、大洲市が発行したガイドブック『大洲城下物語(おおずしろしたものがたり)』(エス・ピー・シー出版)に、弊社編集人・中村英利子と、作家の土井中照さんがライターとして執筆させてもらいました。
 監修は、新居浜市のご出身で、日本近世国家成立史の研究をされている三重大学教授・藤田達生先生。藤堂高虎や脇坂安治、加藤嘉明といった戦国の武将たちが、どのような働きをして四国に恩賞の地を得、どのような力関係で中国四国の城が配置されたか、という興味深い話を踏まえ、大洲城は一体誰が建てたのかといった謎に迫っています。
 また、いま全国各地で城の復元のあり方が取り沙汰されていますが、大洲城の場合はどのような経緯で木造による復元が実現したのか、そのドキュメントと、建築に携わった技術者たちの寄稿も掲載されています。
 歴史がわかると、お城の見方も変わってくるはず。ぜひご一読を! 書店、ネット書店で販売中です。(価格・本体1500円+税)

アトラス出版 〒790-0023 愛媛県松山市末広町18-8
TEL 089-932-8131 FAX 089-932-8131