治療方針

治療について

方針イメージ

 それは何といっても細径の経鼻胃内視鏡です。直径5.5mmのカメラは、鼻腔を楽に通ります。舌根を押さえないので嘔吐はありません。観察・診断・簡単な処置はもちろん可能です。苦痛はほとんどありませんので、モニター画面で自分の胃内を見ながら、医師と会話しながら検査が出来ます。

 また、モニター画面ですから説明もリアルですし、検査介助のナースもあるかも知れない変化を、しっかり見つめます。検査結果はカラー写真でお帰りの時にお持ちいただきます。

 そして、日帰り小手術を施行しております。今までの経験とこのゴールドフィンガーが実力を発揮します。どうぞ安心してお任せ下さい。