症状別

発熱と解熱剤

 発熱で始まる子どもの病気のうち、頻度から言いますと、”かぜ”が一番多いようです。熱があっても、機嫌が良く、顔色も普通であれば解熱剤を使って熱を下げる必要はありません。
 解熱剤は、病気を治す薬ではなく、発熱に伴う自覚症状を一時的に軽減するだけです。夜間など、急に発熱したとき、比較的元気であれば、水分を十分に与え、経過をよく観察して、翌日受診してください。もちろん、38度以上で、苦しそうであれば、日頃かかりつけ医から貰っている解熱薬(頓服や座薬)を指示通り使って差し支えありません。
 解熱剤を使っても全く解熱しないときや、一度下がった熱がまた高く出た場合は、5-6時間たっていれば再度使ってもかまいません。ただし、熱は1度でも下がれば、苦しみはかなり軽減されますので、平熱まで下がらないからといって再度解熱剤を使うことは避けてください。
 解熱剤を使用し、熱が下がっても病気が治ったのではないので、翌日は必ず受診し、医師の診断を受けてください。

くしゃみ、鼻汁、咽頭痛、咳、痰

 ”かぜ”の場合、発熱と同時、あるいは前後して、くしゃみや鼻汁、また、咽頭痛や咳、痰などが出始めます。咳や膿性の痰が出る場合は、気管支炎や肺炎が起こっている恐れがあります。いずれにしろ、素人療法は禁物です。早めにかかりつけ医の診断と治療を受けてください。
 最近、”肺炎が流行している”、ということを耳にしますが、その多くはマイコプラスマ肺炎(俗に異型肺炎と言われています)のことです。マイコプラスマ性気管支炎や肺炎に罹患しますと、高熱がつづき、咳が段々ひどくなって来ます。この病気にはマクロライド系の薬物が有効で、外来でも十分治療可能であり、必ずしも入院加療の必要はありません。

咳、喘鳴、呼吸困難

 発熱を伴う場合は、気管支炎や肺炎になっている可能性があります。
 発熱がなくても、喘鳴や呼吸困難があるときは、服薬や食事、安静など医師の指示に従ってください。自分勝手に服薬を中止することのないようご注意ください。
 また、気管支喘息による喘鳴や呼吸困難の場合は、厳重に管理されなければなりません。かかりつけ医の日頃からの指導に従ってください。

嘔吐

 嘔吐はお腹の病気だけでなく、それ以外の病気でもしばしばみられます。一日に1−2回の嘔吐があっても、発熱、下痢、腹痛など他の症状がない場合は、暫く様子をみても大丈夫です。
 「脱水症になっては大変」といって、嘔吐の直後に水分などを与え、かえって嘔吐を誘発している場合があります。1−2回の嘔吐で脱水症になることはありません。
 頻回の嘔吐や水様性の下痢を伴うような場合は、急速に脱水症になる危険性があります。次第に”ぐったり”してきたり、尿量が減少してきますと要注意です。ためらうことなく受診してください。その際、経過を記録したメモをお忘れなく。

下痢

 一般的に、下痢だけで食欲もあり、元気であれば、お粥など消化のいい食事をとって暫く様子をみても大丈夫です。頻回の水様便、粘血便、血便、黒色便、悪臭のある便や、発熱や嘔吐、腹痛を伴う場合などは、最後に出た便を少し多めに持って必ず受診してください。

腹痛

 子どもはしばしば腹痛を訴えます。食欲もあり、元気に遊んでいるような場合は暫く様子をみても大丈夫です。体を折り曲げて泣いたり、苦悶状を呈するような場合は要注意です。
 ただ、今まで元気であった子どもが、急にひどい腹痛を訴えたときは、取り敢えず浣腸をしてみるといいでしょう。便秘による腹痛であればたちまち元気になります。腹痛が次第に強くなる場合、発熱、発疹、嘔吐、下痢などを伴う場合は必ず受診してください。

頭痛

 幼児期に頭痛を訴える子どもは比較的少ないのですが、発熱、嘔吐などを伴う場合や、頭を打ったときの頭痛は要注意であり、必ず早めに受診してください。
 学童期になるとしばしば頭痛を訴えるようになります。感染症の有無、外傷の有無、意識障害やけいれんの有無、頭痛の部位や強さ、性状などが診断の重要な手がかりになります。たとえ元気であっても放置せず、医師の診断を受けてください。

発疹

 「赤いぶつぶつが出た」、「あせも(汗疹)のようなしっしん(湿疹)が出た」、「じんましんが出た」、「アトピー性皮膚炎ではないでしょうか」などと訴えて来院したり、電話で相談を受けることがあります。
 発疹はその性状、出現部位、広がり、発熱の有無、痒み、疼痛、その他の全身症状などを参考に診断しなければなりません。従って、必ず子どもを連れて受診してください。一目で診断できるものもあれば、経過をみたり、詳しい検査をしてはじめて診断できるものまで様々です。

けいれん

●6ヶ月までの乳児のけいれんは、何らかの脳障害を疑わせます。発熱の有無にかかわらず必ず受診してください。

●6ヶ月から5歳までの乳幼児では、発熱時にしばしばけいれんが起こります。単なる熱性けいれんの場合と重篤な脳炎、髄膜炎などの症状の一つとしてけいれんが起こることがあります。
 今まで比較的元気に遊んでいた子どもが、38度以上の発熱とともに急にけいれんを起こしたような場合は、単純型熱性けいれん(いわゆる良性けいれん)のことが多いようです。その場合は、全身性で、左右差のないけいれんが1−2分(数分)続きます。20分以上続くことはなく、大部分は1回のみです。
 けいれんが起こっているときは、患児の意識はなく、患児には何の苦しみもありません。患児を横向きに寝かせ、顎を後ろに挙げるような姿勢を保ち、けいれんが終わるのを待ってください。
 嘔吐したときは窒息しないように吐物をかき出してください。舌を噛むといけないといって、タオルや割り箸を口に入れる人がいますが、かえって良くありません。
 けいれんが止まっても暫くは朦朧としていますので、口からは何も与えないで様子をみてください。
 解熱用の座薬は使用しても差し支えありません。暫く様子をみて、熱も下がりはじめ、すやすやと寝ていれば慌てて受診する必要はありませんが、必ず一度は受診してください。

●過去に熱性けいれんと診断され、抗けいれん剤(ダイアップ座薬)を常備している人は、発熱時には指示どおりに使用してください。

●発熱して24時間以上経過してからのけいれんや持続時間が20分以上続いたり、意識障害が1時間以内に回復しないような場合、また、無熱性のけいれんは、”てんかん”などが疑われ、けいれんは非対称性、持続時間も長いのが特徴です。
 けいれんが30分以上続くような重積症の場合は、直ちに救急設備のある病院を受診してください。

頭部打撲

 頭を打ったときは、直後は泣きますが、一般的に、頭痛、嘔吐、けいれん、意識障害など神経症状が全くない場合は、2−3時間様子をみてください。
 その間、普段と少しも変わらなければ、先ず大丈夫
です。多少でも変わった症状が出れば直ちに受診してください。いずれにしろ、2−3日間は家族が十分観察する必要があります。
 打撲直後に、頭痛、嘔吐、けいれん、意識障害があった場合は、持続時間の長短にかかわらず直ちに受診してください。

やけど

 やけど(火傷、熱傷)をしたときは、直ちに局所を水道水(流しながら)で30分以上冷やしてください。
 衣服を脱がす間も惜しんで、着衣のままで結構ですから流水で冷やし続けてください。冷やし終わってから、局所に清潔なガーゼなどを当て、受診してください。
 各種の塗布薬は治療の妨げになることがありますので塗らないでください。
 やけどは一見軽症であっても、その範囲が広いと大変です。もちろん、紅斑だけでなく、水疱ができたり、焼け爛れた場合は、その範囲にかかわらず重症ですから冷やし終わったら直ちに受診してください。

異物誤飲

 子どもが急に泣いたり、むせ込んだり、咳き込んだりしたときは、何か異物を誤飲した可能性があります。たばこの吸い殻など、異物がはっきりしていれば、牛乳などを飲ませてから指を喉に突っ込み吐かせてみてください。
 うまく吐けば先ず大丈夫ですが、1−2時間はよく観察して異常な症状が出ないかどうか注意してください。吐かない場合は、受診してください。その際、必ず異物の残りを持参してください。

気道異物

 異物を誤嚥すると直後に激しい咳が出たり、喘鳴、呼吸困難などが出現することがあります。直ちに受診してください。異物として多いのは、ピーナツ、アーモンド、オモチャ、文房具、ピンなどです。

鼻出血

 子どもの鼻出血は比較的多い訴えです。外傷や出血性の病気がない場合は、大部分が鼻の入り口にあるキーゼルバッハというところからの出血です。
 下を向かせた状態(うつむけ)で、小鼻を親指と人差し指などで掴み、数分間圧迫しますと簡単に止血できます。上を向かせて(あおむけ)いますと、止血が不十分な場合、血液がのどに流れ込み、飲み込みますと嘔吐の原因になります。
 一度止血しても、一寸した刺激で再発することがあります。反復性の鼻出血や外傷後の出血、全身病に伴う出血などは必ず受診してください。


マナベ小児科ホームページに戻る