平成30年4月号

マナベ小児科ミニ情報

ここをクリックして下さい。二人の姉妹(児童)が描いてくれた亀の漫画がご覧いただけます。

新居浜・四国中央・西条地区感染症情報

(平成30年4月8日−平成30年4月14日)

新居浜小児科医会提供
医療機関数は8(新居浜地区−6:西条地区−1::四国中央地区−1)

病名 種別
今週の発生数
先週の発生数
3地区の合計
四国中央
西条
3地区の合計 四国中央 西条
麻しん
風しん  0
水痘
 流行性耳下腺炎 ・  1  0  0  2  0  0 
百日咳  
溶連菌症 19
マイコプラスマ肺炎
感染性胃腸炎
ウィルス性 26 14 25
細菌性
手足口病
伝染性紅斑
突発性発疹症
ヘルパンギーナ
咽頭結膜熱
流行性角結膜炎
感染性髄膜炎 ウィルス性
細菌性
A型肝炎
川崎病
インフルエンザ   A型
B型
型不明
不明発疹症
RS感染症



アデノ感染症

定点医療機関(8)

新居浜地区:こにしクリニック、マナベ小児科、山本小児科クリニック
愛媛県立新居浜病院、愛媛労災病院、十全総合病院
西条地区:高橋こどもクリニック
四国中央市:鈴木医院
 溶連菌症:散発しています。インフルエンザ:まだ散発しています。
平成30年4月16日)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 新居浜小児科医会は昭和43年10月、新居浜市在住の小児科医の相互研修と親睦のために設けられました。その後、毎月1回休むことなく(19年から8月だけ休会:その後、5月、10月休会)定期的に開かれ、平成10年10月31日に30周年記念会(於ユアーズ・コープ)、平成17年9月14日に450回記念会(於ユアーズ)、平成20年10月3日に40周年記念会(於ユアーズ)、平成22年2月13日に500回記念会(於リーガロイヤルホテル)、23年10月12日に特別講演会が開かれました。100回ごとに編集している400回記念誌(240頁)、500回記念誌(189頁)も発刊されています。会員数は平成30年4月現在、19人です。


第575回新居浜小児科医会
(終わりました)

日時
平成30年4月11日(水)
場所  新居浜市医師会館   ・  ・
症例提示 「精神疾患合併妊婦への育児支援の必要性〜当院の事例を通して〜」 愛媛県立新居浜病院小児科  鎌田 ゆきえ
話題提供  「愛媛県における乳児およびCPA症例の救急搬送の実態について」  愛媛県立新居浜病院小児科 田代 良



 第573回新居浜小児科医会
日時
平成30年2月14日(水)
場所  新居浜市医師会館   ・  ・
症例提示 「コエンザイムQ10にて治療中の巣状分節性糸球体硬化症を呈したADCK4関連腎症の一例」 愛媛県立新居浜病院小児科  手塚 優子
話題提供  「インフルエンザワクチンの有効性」   高橋こどもクリニック 高橋 貢

愛媛県感染症情報センター


◎小児科医会(学会)情報

インター医師会ネット(感染症)


感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律(=感染症新法


健康危機事例一覧表(大阪府立公衆衛生研究所から)


◎重症急性呼吸器症候群(SARS:Severe Acute Respiratory Syndrome)関連情報


健康情報インデックス(全国医師会提供)


◎O−157情報


手足口病情報(台湾での流行状況など)


ポリオ情報(WHOがポリオ根絶を宣言)


「伝染性紅斑」[手足口病」の登校(園)停止に関する見解(日本小児科学会雑誌第97巻第8号から)


米国最新情報(Morbidity and Mortality Weekly Report−吉田製薬KKから)


英国最新情報(Communicable Disease Report Weekly−吉田製薬KKから)


米国のヘルシーピ−プル2000


医療保険情報


私のスクラップ帳から−タバコ問題に関する最近の話題−−日々更新--


日本禁煙推進医師連盟情報


◎漫画本”たばこってなーに?”

平成9年6月発表の厚生白書に、児童生徒の喫煙習慣予防教育の重要性が初めて記載されました。愛媛県医師会作成の児童生徒を対象にした喫煙習慣予防教材、漫画本”たばこってなーに?”を学校現場などでご活用下さい。


小児の病気の色々

  ○受診するとき

  ○受診してから

  ○症状別

発熱と解熱剤:くしゃみ、鼻水、咽頭痛、咳、痰:咳、喘鳴、呼吸困難:嘔吐:下痢:腹痛:頭痛:発疹:けいれん:頭部打撲:やけど: 異物誤飲:気道異物:鼻出血など


初めに戻る

マナベ小児科診療掲示板へ

子どもの病気の色々へ

マナベ小児科ホームページに戻る