(マナベ小児科シンボルマークの亀です)


略歴・趣味など


 子どもたちからかめ先生と呼ばれています。
 昭和34年岡山大学医学部卒業、同附属病院小児科外来医長、文部教官助手、鳥取市立病院小児科医長、住友別子病院小児科副医長などを経て、マナベ小児科開設、日本禁煙推進医師歯科医師連盟禁煙推進の会えひめに属しています。
 平成6年3月まで18年間にわたり、愛媛県医師会理事、常任理事として広報、学校保健を担当し、小児保健、学校保健の立場から、児童、生徒の喫煙習慣予防に取り組んで来ました。漫画本”たばこってな〜に?” の作成や ”たばこってなーに?”基金 創設に関与して来ました。
 昭和43年10月新居浜小児科医会発足、平成13年11月、新設の会長に就任、22年4月まで務めました。また、昭和60年4月から愛媛県小児科医会副会長、平成14年4月から20年1月まで同会長を務め、22年2月、同名誉会長に推挙されました。

 余分なことですが、讃岐うどんが大好物、地球1周(5千万歩)を目標に1日1万歩以上歩くことを日課とし、平成15年7月末に5千万歩を達成しました。その後、平成20年9月末7千5百万歩、平成25年1月末1億歩、平成29年9月末1億2千5百万歩、地球を2.5周したことになります。
 平成30年4月現在1億2千8百万歩。平成5年5月から79ヶ月有余、1日も休むことなく1日1万歩以上歩き続けましたが、やむを得ぬ事情のため、平成11年12月23日に中断、平成12年2月1日再開、4月19日再度中断、5月22日からまた歩き始め、17年経ちました。            


讃岐うどん関連サイト


マナベ小児科ホームページに戻る