一枚の写真から

                                           三木 登志也

             早春の一日

 寒かった日も和らぎ始めました。三月三日のひなまつりが終る頃になると、

近所の誉田八幡宮に寒緋桜が咲き出し、本殿に向かう長い百段の石段を

上りつめた所にあり、下を向いて咲く半開きの花弁にメジロがやってきて

難しそうに嘴を入れています。誰もいない静かな桜の下で日光浴を楽しむこと

のできる早春の一日です。

                              平成31年3月13日作成