1月句会より 平成14年1月17日
 



 裸電燈低く吊るして注連作る

 賢二

 寒鴉落ちて静まる峡の寺

 敦子 

 初夢の現世にもどる明けの風

 八起

 生きている証述べ合ふ賀状かな

 快風

 水牛の引く車あり島の春 

 高塔 

 初暦一日一訓わらべ歌  

 綾子

 とにかくも無事の二人や年酒汲む 

 多津子 

 遠山の紫澄めり初日かな 

 英子

 炭釜の崩れしままに蔦紅葉

 スマ子