5月句会より 平成14年5月27日
 



 大苺くるり回して一口に

 快風

 若葉風巫女より受くる肌守り

 綾子 

 麦秋を夫と語りて風わたる
 英子

 更衣いつもと違ふ髪かたち
 多津子

 若者の バイク寄せ合ふ 樟若葉 
 高塔

 短夜や秒針の無き置き時計 

 敦子

 鐘楼の屋根も葺き替へ風薫る  

 賢二 

 麦刈られ大地の肌をあらはにし 

 八起