延命地蔵尊


 延命地蔵尊は、江戸時代(亨保五年、1720年)のもので、伊台の内では古いものです。西法寺の入り口にあり、善男善女の参詣者が今でも多い。