鳴る鐘の 音よき日なり 初桜
                  春 甫


 (なるかねの おとよきひなり はつざくら)     
                      (しゅんぽ)
 西法寺鐘楼堂の横にあります。
 昭和41年9月、薄墨俳句会建立。
 作者の春甫(乗松救)氏は、江戸時代は庄屋として栄えた乗松家の子孫で、明治32年から36年ごろ伊台村の村長をつとめた。晩年は俳句を趣味とし、西法寺に度々訪れた。