みかん一座 輝け瞳!

みかん一座 輝け瞳!
この指とまれの35年

戒田 節子
B5判・240P/オールカラー
¥1,852+税

奇跡の劇団「みかん一座」の未完の軌跡

「ミュージカルする人、この指止まれ!」
一人の声が、石を投げ込まれた池の波紋のように広がった。
友達が友達を連れてきた。

 愛媛にある小さなアマチュア劇団「みかん一座」。座長・戒田節子さんは、地元南海放送のアナウンサーという異色の劇団だった。
 もともとのはじまりは、短期間ではあったが「劇団四季」の研究所で基礎的な訓練を経験した彼女が、若者たちのために「ミュージカルをしよう」とラジオで呼びかけたこと。いろいろな困難を乗りこえての公演は大きな感動を呼び、1回だけで終わるはずだったのが、その後、多方面に広がり、愛媛に新たなミュージカル劇団が誕生するきっかけにもなった。
 「みかん一座」は、その後も多くの人を巻き込み、ひきこもりやいじめなど社会的なテーマにも取り組んでいった。
 なかでも、奇跡的な出来事となったのが、シーボルトの娘・イネを主人公にしたミュージカルを、シーボルトの生地・ドイツのビュルツブルグ市で公演したこと。松山出身の開拓者・和田重次郎の物語もアラスカで公演した。
 この本は、戒田節子さんが定年を迎えたのを機に、これまでの35年間の歩みをまとめたもの。劇団員しか知らない裏話も満載されていて、興味は尽きない。

アトラス出版 〒790-0023 愛媛県松山市末広町18-8
TEL 089-932-8131 FAX 089-932-8131